テキトーに押しピンで           写真を留めておきます。


by kure556k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ニコン F-501

e0097197_405549.jpg

ニコンのオートフォーカス一眼レフ第一号機F-501です
1986年発売。
(F-3AFが先に出ているがあまりに特殊すぎる専用構造で単発に終わる)

このカメラからニコン一眼レフのオートフォーカス世代の歴史が始まる記念すべき名機です!


ハネウェル社製48画素(48マン画素じゃないですよ)CCD・AFセンサー採用
自動巻上げ(1コマ・秒間2.5コマ連続巻き上げ可能)・ISO/DX自動設定・AF2モード搭載・フォーカスエイド可
なお、撮影後は自動巻き戻ししてくれません。自分で巻き巻きして下さい^^;
当時、一眼レフカメラの販売は自動化が進んだコンパクトカメラの流行に押され気味だったそうです
そう言われてみれば、当時みんなコンパクトカメラ持って『これ、良く撮れるけん』って言ってた
逆光補正ボタンとかナツカシイ。。


近所のキタムラでジャンク扱いで購入~
閉店間際に行ったらジャンク品のヤマをウラから出してきてバーコード打ちしてました
その中にニコンの“トンガリ”が一瞬チラリとみえた
一瞬ですが確信もてましたF-501です!

副店長にお願いして見せてもらったら『動きそうなオーラ』出てます
。。。売ってもらいました。
お値段¥200ナリ

e0097197_41578.jpg

マルチデータパックと三脚座が着いてます。
データパックは日付&ISO焼付け・インターバル撮影・フォーカス合掌時自動撮影の機能が着いてます
日付が入るのって流行りましたねー
単3電池が底に4本並んで入っており、三脚座ネジはそのおかげで隅っこに追いやられています
この三脚座オプションを使うと位置を中央に持ってくる事が出来ます
e0097197_411424.jpg


ちなみにF-501にはシャッター優先モードはありません
絞り優先・
プログラムがデュアル(135mm以上のレンズ時に手ぶれ範囲外へ自動で設定変更)
プログラム(普通の。。)
高速(シャッター速が高速側シフト。絞り開放シフトとも取れる)の3モード
(1987年発売のF-401がシャッター優先モードを初採用。)

e0097197_413455.jpg


AFと肩にワザワザ書いてあるのが誇らしい。。

肝心なAF能力ですが。。。手で合わせた方が多分手っ取り早い
『にゃー。にゃー。。ジジッ。。』(←ファインダー内にバツと赤く表示)
バツってなんだよw
フォーカスさんざん迷った挙句あきらめます。。
松岡修造に怒られそう。。。

なんて『ゆる~い』カメラなんでしょうか^^;

そこを見越してなのかファインダースクリーン自体がピントの見切りがしやすい。。

そんなワケでフォーカスモードセレクターは常にM位置に合わせてます
(たま~にAFを愉しむのですw)

しかし、実は非CPUのAiレンズを使っても機械連動で露出計とオート撮影が効くというマニアックなつくりなのです。
(不変のFマウントとよく言われますが実は機能制限があったり取り付けできない製品もかなりある)
F-3AF専用レンズを動かせるのも他にはF-501とF4系しかない。

一枚目はAF50mmF1.4Dを着けてます
一番下はAi50mmF1.8

カニツメの方が似合うような気が。。。

割り切って考えて便利なフォーカスエイド機として使うのなら大いに利用価値がある一機ですよ
[PR]
by kure556k | 2011-01-18 06:06 | (有)こたつカメラ。